ガラスの話11 クリスタルガラス ブラスト工房 サンドブラスト ガラス彫刻

ブラスト工房 サンドブラスト ガラス彫刻

バカラのワイングラス


ガラスの話11は、クリスタルガラスです。
クリスタルガラスは、ガラスの素材に鉛を
混ぜて作られていました。
(いました・・・・については、のちほど)
正確に言うと 酸化鉛 を混ぜて作るので
すが鉛は他の金属に比べて、溶ける温度が
低いので、ガラス自体の溶ける温度を下げ
る事ができるので、ガラス工芸にはとても
便利な素材です。
しかも、出来上がったガラスは、透明度が
高くなるので、水晶のようなガラス クリ
スタルガラスと呼ばれるようになったわけ
です。

クリスタルガラスを分類すると
フルレッドクリスタル 
鉛の含有量が30%以上

レッドクリスタル
鉛の含有量が24%以上

セミレッドクリスタル
鉛の含有量が24%未満

と、おおまかに分類されます。

ちなみにバカラ社のクリスタルは
フルレッドクリスタルですので、
同じサイズのソーダーガラスと
比較すると、重量もあります。

先程の いました・・・ですが、鉛の有害
性工場廃液の処理のコストアップなどの
理由から、今では、鉛の代わりにチタンや
バリウムの化合物を入れて、鉛クリスタル
に近づけた無鉛クリスタルが主流になって
きました。
ガラスの宝石 と言われる、スワロフスキ
ーのガラス製品ですが、以前は有鉛だった
のが、今は無鉛クリスタルになっています。
まさに、時代や環境の変化に対応した形で
すね。

クリスタルガラスは他にも、カリクリスタ
ル、チタンクリスタル、バリウムクリスタ
ルなど、様々な名称のクリスタルガラスが
作られるようになってきました。

ちなみによく勘違いされているのは、
クリスタルガラスは、他のガラスより丈夫

という人がいますが、これは明らかな間違
いで、鉛と言うのは金属のなかでもかなり
柔らかい部類に入りますので、当然クリス
タルガラスは、柔らかくキズがつきやすい
ガラスになります。

取り扱いは、丁寧に!。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です