ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

蕨市のお店紹介番組 ほっつき蕨[第17回]軽食&珈琲とも/ブラスト工房 14分30秒から始まります。

蕨市紹介番組

ほっつき蕨[第17回]軽食&珈琲とも/ブラスト工房
14分30秒から始まります。
https://youtu.be/CgxjxMGUKN8

本業は俳優の、レポーターのお2人との楽しい時間でした。

ブラスト工房の仕事の内容・会社の雰囲気が、とてもよくわかる
TV番組です。
14分30秒から、ブラスト工房のレポートがはじまります。

わらびブランド認定品 蕨硝子 TV番組 蕨ブランド ブラスト工房×蕨硝子

ブラスト工房のオリジナルブランド 蕨硝子 

わらび市認定ブランド 蕨硝子 紹介TV番組です。

蕨ブランド ブラスト工房×蕨硝子 https://youtu.be/tt8FWYlKcE4

日本で一番小さな市、埼玉県蕨市にあるサンドブラスト専門工房
ブラスト工房の紹介番組です。

10月20日 ハンドメイド アート・クラフト市 東京スクエアガーデンに出店します ブラスト工房

ハロウィン ブラスト工房 サンドブラスト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018 10月20日(土)
ハンドメイドのアート・クラフト市 東京スクエアガーデン
に出店します
ぜひ、ご来場ください

日時 2018.10.20(土)11:00~17:00
場所 東京スクエアガーデン
東京都中央区京橋3-1-1
東京駅八重洲南口徒歩6分 地下鉄京橋駅直結
https://www.aozorakoten.com/products/detail.php?product_id=1578

10/31に向けて、ハロウィンデザインのグラスも出品しますので
ぜひご来場いただき、手に取ってご覧ください。

今後の予定

2018.11.3(土・祝)
中仙道武州蕨宿 宿場祭り
に出店します
ぜひ、ご来場ください
日時 2018.11.03(土)10:00~18:30
場所 埼玉県蕨市 旧中仙道
http://shukubamatsuri.com/

2018.11.10(土)11(日)
デザインフェスタVol48 に出店します。
ぜひご来場ください
日時 2018.11.10・11 11:00~19:00
場所 東京ビックサイト西館 F-244・245
https://designfesta.com/

 

 

サンドブラスト的ハーバリウム 埼玉 サンドブラスト ブラスト工房 ガラス彫刻 ガラスエッチング

ハーバリウム サンドブラスト ブラスト工房

ハーバリウムボトルの下部をサンドブラスト加工しました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハーバリウムとは、植物標本の事。

植物本来の色を失わずに保管する方法として、ビンに入
れて、オイルに漬けたものです。

見た目にも透明感のある、美しい表現になりますので、イン
テリアアイテムとしても、とても人気があります。

透明感が必要ですので、容器は基本的にガラスビンです。
ガラス彫刻専門のブラスト工房としては、ガラス と聞くと
何かをしたくなる・・・・というのは必然です。

実際に、ハーバリウムの講座を受講して、いろいろな作り方を
学んでみて、気が付いたのは、瓶の底の部分のレイアウトの
仕方が難しいという事です。
花の茎がバラバラになったりして、ちょっと見苦しいかな?と
思った時には、小さな花びらを敷き詰めて埋めたりしていまし
た。

そこで、ビンの下の部分をサンドブラストで加工してグラデー
ションを付けてみました。
出来上がって見ると、底の部分のレイアウト問題が解決!。
淡い幻想的な雰囲気もでき、思った通りの仕上がりになりま
した。

次に、断面が四角形のビンの片面を、サンドブラストでスリガラ
ス状に加工してみましたが、正面から見るとスリガラスの白い
バックの効果で、花の色がとても映えました。

確かに、ハーバリウム本来の透明感が薄れましたが、それは
それで、ハーバリウムのバリエーションと考えれば、有効な方法
なのではないか、と思っています。

他にも、ガラスビンを加工することで、ハーバリウムの表現方法を
広げられることがわかりましたので、今後もいろいろなバリエーシ
ョンを紹介していきますので、お楽しみに。

 

 

ガラスのはしおき 完成形 ブラスト工房 サンドブラスト ガラス彫刻 さいたま 蕨 埼玉

ガラスのはしおき ブラスト工房 サンドブラスト

ガラスのはしおき 蕨シリーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試作中でした ガラスのはしおき ですが、完成形が
できました。

厚み5mmの板ガラスを25mm角にカットして、4枚
重ねて炉で溶かして、一体化して成型しています。

成型したものに、ブラスト工房のある蕨市の 蕨
の文字を彫刻しました。

5mmの板ガラスを4枚重ねると、合計20mmになる
のですが、実際には溶けてツブれるので、完成した
時の全体の厚みは15mmになり、25mm角の大き
さは、35mm角になります。
こういう所が、ガラスを溶かして成型する作業の、
面白い所でもあります。

動画や写真ではわかりにくいのですが、中心を少し
へこませて、はしを乗せた時に動かないようにして
います。
この へこませて の部分は、板ガラスの段階で、
サンドブラストで、中心部分を彫り込んで加工して
います。

サンドブラスト職人としては、何らかの方法でサンドブ
ラストの技法を生かして行こうと思っていますので、

サンドブラストならでは

の はしおき ができたのではないか、と思っています。

あえてきれいに成型せず、溶けたガラスのまま の形
を完成形にしていますが、ガラスの溶けた自然な感じ
を出したかったからです。
結果、一つ一つ形が違うものが出来上がりましたが、
これはこれで、手作り感の演出にもなったと思ってい
ます。

価格は、まだ決めていませんが、11/3(土・祝)の

蕨 旧中仙道宿場祭り

で販売します。

ブラスト工房は、蕨郵便局前の、歴史民俗資料館別館
前に出店しますので、ぜひ会場にお越しください。