23 サンドブラスト レンガ風素材の彫刻加工 サンドブラストガラス彫刻の応用 埼玉 サンドブラスト ブラスト工房 ガラス彫刻 ガラスエッチング 彫刻ボトル ガラス工芸

23 サンドブラスト レンガ風素材の彫刻加工

サンドブラストでレンガ風の素材を彫刻加工する所を紹介しています。

表面が細かくデコボコのある素材なのですが、サンドブラスト用の
マスキングフィルムを貼って加工する事で、文字の細やかなニュアンス
まで表現できています。

このレンガ風の素材は、見た目がレンガのようなのですが、中身は
発泡素材ですのでとても軽く、両面テープなどで貼り付ける事も可能な
施工に便利な素材です。
彫刻したままだと、同系色で文字が見にくいので、彫刻部分
に塗装をしています。

22 サンドブラスト タイルの彫刻加工 さいたま サンドブラスト ブラスト工房 ガラス彫刻 ガラスエッチング 彫刻ボトル ガラス工芸

22 サンドブラスト タイルの彫刻加工

サンドブラストでタイルを彫刻加工する所を紹介しています。
タイルのような陶器・磁器は、表面が固いのでガラス同様に
サンドブラストの彫刻加工に、向いていている素材です。

動画では自然石に見える仕様のタイルを使用していますの
で、普通のタイルより硬い素材ですが、とてもシャープに加工
出来ています。
彫刻したままだと、同系色で文字が見にくいので、彫刻部分
に塗装をしています。

21.サビ落とし サンドブラスト ガラス彫刻の応用 埼玉 サンドブラスト ブラスト工房 ガラス彫刻 ガラスエッチング 彫刻ボトル ガラス工芸

21.サビ落とし サンドブラスト ガラス彫刻の応用

サンドブラストは「砂を吹き付ける」という
作業です。
1800年代のアメリカで確立された技法
で、海での潜水技術の発達と共に開発
された「空気を圧縮して送る」という圧縮
空気の中に、海の砂を混ぜて噴出させる
ことにより、サンドブラストが始まりました。

それまでは、船が航海から帰ってくると
船底の塗装やサビや貝などを、すべて手
作業で削り落としていましたが、海岸の砂
を吹き付けるだけで、塗装や汚れをきれい
に落とせるので、普及していったサビ落とし
の技法です。

現在でもサビ落としや、金属の表面をザラ
ザラにして、塗料がが付きやすくしたり、
滑り止めに使ったりと、基本的な利用法は
多くのシーンで行われています。

その応用編として、サンドブラストがガラス
彫刻に使用されています。

20 サンドブラスト 木材の彫刻加工 サンドブラストガラス彫刻の応用 さいたま サンドブラスト ブラスト工房 ガラス彫刻 ガラスエッチング 彫刻ボトル ガラス工芸

20.サンドブラスト 木材の彫刻加工 サンドブラストガラス彫刻の応用

サンドブラストで木の板を加工する所を紹介しています。
サンドブラストで木材を加工すると、木の柔らかい部分
から削れて行くので、比較的硬い木目の部分が残り、強調
されたような仕上がりになります。

サンドブラスト加工ならではの、特徴的な仕上がりで、
より木質感の感じられる仕様になります。

特に木目の強い木が向いていて、ブナ・サクラ・などの
落葉広葉樹はあまり木目が強く出ませんが、スギ・マツ
ヒノキなどの針葉樹の方が、木目がクッキリ出るので、
サンドブラスト加工の特徴を生かすことができます。

19.デニムのサンドブラスト加工 サンドブラスト ガラス彫刻の応用

19.デニムのサンドブラスト加工

以前はデニムウェアのダメージ加工に、サンドブラスト
加工が多く使われていました。
が、あまりに劣悪でいい加減な環境で作業をしていた
為、多くの人が肺疾患になった為、あまり利用されなく
なりました。
もちろん、ブラスト工房ではそのような事はなく、密閉した
BOXの中で作業をしていますので、問題はありません。

デニムにもいろいろな種類がありますが,サンドブラスト
加工に関しては、カラーデニムなどは加工ができないも
のが多いので、不向きであると言えます。

インディゴ染で厚みのある物が適していて、一般的に使
われている14ozなどが加工に向いています。

ガラス素材と比較すると加工時間が、3~5倍以上もか
かりますが、「なかなか削れない」という特性を生かして
微妙なグラデーション表現などが可能になります。

デニム生地の加工に関しては、まだまだ研究の余地が
ありますので、これからもいろいろな展開を考えていきます。

16-5.サンドブラスト 大型ガラスのフィルムブラスト サンドブラスト ガラス彫刻の実際 ブラスト工房 ガラス彫刻 ガラスエッチング 彫刻ボトル ガラス工芸

16-5.サンドブラスト 大型ガラスのフィルムブラスト

大型ガラスの製作ですが、サインプレートとして必要な
のは、指定書体・指定ロゴの彫刻作業です。
サンドブラスト用のマスキングフィルムを使って、忠実に
反映させています。

単純なフラットブラスト(平彫り)ですが、全体を均一に
彫刻加工するのにも、ちゃんとした方法があります。

今回は長さ1m程度のサインでしたが、ブラスト工房では
マンションや戸建ての玄関ドアサイズの2m程度の大きさ
の物まで、サンドブラスト加工をしています。

16-4 大型ガラスの加工 大型ガラスのステップブラスト  サンドブラスト ガラス彫刻の実際 ブラスト工房 ガラス彫刻 ガラスエッチング 彫刻ボトル ガラス工芸

16-4 大型ガラスの加工 大型ガラスのステップブラスト

幅200mm 長さ1000mm の板ガラス
を彫刻する作業を紹しています。
今回は、彫った反対側から見て立体感が
感じられるような、ステップブラスト(段彫り)
で、シンクブラスト(深彫り)の手法を使って
彫刻加工をします。

ガラス彫刻は、作業中の集中力がとても
要求される作業です。
「間違えた!」
と言ってもやり直しはできません。

特に深彫りの場合は、頭の中に完成イメージ
を作り上げて、そのイメージ通りになるように
彫っていかなければなりません。
つまり想像力も要求されます。

意外と必要なのが体力ですが、筋力よりも
持久力です。
同じ姿勢で何時間も、もくもくと彫刻作業を
続ける体力も必要です。

16-3 大型ガラスの加工 大型ガラスのカット さいたま サンドブラスト ブラスト工房 ガラス彫刻 ガラスエッチング 彫刻ボトル ガラス工芸

16-3 大型ガラスの加工 大型ガラスのカット

大型ガラスの加工で、ガラスカットの2回目です。
通常1mを超すような大きさのガラスは、メーカー
さんや問屋さんでカット加工したものを仕入れて
サンドブラスト加工しています。
(ガラスのカットが仕事ではありませんので)

今回は1000mm×200mmにガラスをカット
してガラス製のサインの見本を製作します。

見本用に用意したガラスですが、8mm厚の大きな
ガラスで、店舗の解体工事の際に廃棄処分になる
予定のガラスを貰ったものです。

その店舗というのは、コンビニエンスストアです。
コンビニはガラス張りで、店舗の中が良く見えるよう
に出来ていますが、あの正面にあるガラスです。

練習・テスト・見本用などに有効活用できます。
不要なガラスは、身近に結構あるものなので、機
会があったらもらっておきましょう。(笑)

16-2 大型ガラスの加工 フラットブラスト  サンドブラスト ガラス彫刻の実際 ブラスト工房 ガラス彫刻 ガラスエッチング 彫刻ボトル ガ

16-2 大型ガラスの加工 フラットブラスト

大型ガラスの加工ですが、まずフラットブラストの紹介
です。
面積が広いので、全体に彫るにはかなりの時間がかか
るのですが、集中力を切らさないように、油断なく作業
をしなくてはなりません。

完成してみると、大型ならではのインパクトがあるので
満足度は高い作品になります。

16-1.大型ガラスの加工 ガラスのカット  サンドブラスト ガラス彫刻の実際 さいたま ブラスト工房 ガラス彫刻 ガラスエッチング 彫刻ボトル ガラス工芸

16-1.大型ガラスの加工 ガラスのカット

大型ガラスの加工ですが、そのほとんどが、板ガラスの加工です。
まず準備段階で、ガラスのカットをする所を紹介したいと思います。

ガラスは、表面の小さなキズがきっかけで、簡単にヒビが入る事がありま
す。
これは、ガラスと言う物質の特徴でもあります。

物理的に言うとガラスは「分子間結合の強い流動体」なのだそうです。
(私も詳しくはわかりませんが)
たとえば、チューブに入った歯磨き粉が固まった、感じをイメージしてい
ますが、そんなに間違いはないと思います。
固体でなくて流動体と言われると、壊れやすいというのが、イメージ的に
納得できます。

ですので、ガラスをカットするというは実際には、

・ガラスの表面にキズを付ける
・割る

という事になります。

ちなみにステンドグラスの作業は、

・ガラスをカットする
・カットした小口を平らに削る

という作業を延々続けて、最後にハンダ付けして組み立てるので
ガラスをカットする練習にもなります。

私も一時期、ステンドグラス教室に通って、様々なガラスのカットの仕方を
学びました。