ガラスの話4 緑のガラス ブラスト工房 サンドブラスト ガラス彫刻

ブラスト工房 サンドブラスト 名入れ彫刻

被せガラス 緑


ガラスの話4は緑のガラスの話です。
ガラスの素材に、酸化クロムを混ぜると、緑のガラスに
なりますが、この場合の緑はエメラルドグリーンのよう
な濃い緑ではなく、黄緑色に近い明るい色の緑になりま
す。
エメラルドグリーンのような緑を出す場合には、青色の
ガラスの要素をプラスすると、濃い緑色になります。
クロムと言えば、毒性の強い六価クロムなどを思い浮か
べがちですが、酸化クロムは毒性もなく安定した物質で
す。
顔料などにも使用され、学校の黒板の濃い緑色は、酸化
クロムの色でもあります。
クロムの産出国は、1位が南アフリカ2位がカザフスタ
ンとなっていますが、前回のコバルトの時と同じで、ア
フリカが重要なんですね。

意外と世界を動かしているのは、アフリカなのかもしれ
ません。

2003年創業
サンドブラストによるガラス彫刻加工専門の
ブラスト工房です。

株式会社ブラスト工房 埼玉県蕨市北町3-6-2

サンドブラストでアートギフト 株式会社ブラスト工房http://blastkoibou.co.jp
ヤフーショッピング サケギフトショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/sakegiftshop/
ヤフーショッピング ブラストガラスhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/blastglass/

サンドブラスト加工・ガラス等に関する名入れ彫刻
お気軽にお問合せください。

メールでのお問合せ info@blastkoubou.co.jp

ガラスの話3 青いガラス ブラスト工房 サンドブラスト ガラス彫刻

サンドブラスト ブラスト工房 ガラス彫刻

被せガラス 瑠璃色


ガラスの話3は青いガラスの話です。
青と言っても色々な色がありますが、日本のガラスで
は瑠璃色(るりいろ)と呼ばれる、濃い青色について
です。
瑠璃色は、ガラスの素材に コバルト を混ぜて作ら
れていて特にガラスには、ケイ酸コバルト が使用さ
れています。

コバルト は鉱物資源で、磁性(磁石になる性質)が
強い金属で、生産量の約1/4が磁石に使われています。

コバルト自体は、単体で金属の形で使用する事が難しい
のですが、高温にも強く錆びにくい事から、合金の素材
として他の金属に混ぜて、高温、高圧、高回転という過
酷な条件で使用されるジェットエンジンのタービンブレー
ドなどの部品に使用されています。

海の色などに表現されるコバルトブルーですが、これはコバルト
とアルミを混ぜて作られた コバルトブルー という顔料がその
言葉の由来で、この顔料は、耐光性・耐候性・耐酸性・耐アルカ
リ性のいずれも優れた顔料なので、古くから陶磁器や絵具の着色
に多く使われていました。

コバルトの取れる地域は世界でも場所が限られていて、一番の生
産量を誇るのが、アフリカのコンゴ共和国です。
コンゴ共和国は長年に渡り、政情が不安定な国なので、その輸出
量も常に心配され、日本では国内備蓄が国策ともなっています。

ガラスの素材ですが、調べてみると科学技術や政治とも深く関係
してくるものなのですね。

2003年創業
サンドブラストによるガラス彫刻加工専門の
ブラスト工房です。

株式会社ブラスト工房 埼玉県蕨市北町3-6-2

サンドブラストでアートギフト 株式会社ブラスト工房http://blastkoibou.co.jp
ヤフーショッピング サケギフトショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/sakegiftshop/
ヤフーショッピング ブラストガラスhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/blastglass/

サンドブラスト加工・ガラス等に関する名入れ彫刻
お気軽にお問合せください。

メールでのお問合せ info@blastkoubou.co.jp

ガラスの話1 原料について ブラスト工房 サンドブラスト ガラス彫刻

グラス ブラスト工房 サンドブラスト

ガラスと言えばグラス



ガラスは私たちの身近にある素材ですが、
その内容に関してはあまり知られていない
ように思います。
そこで、あらためてガラスの詳細について、
お話したいと思います。

まずは原料ですが、ガラスは 珪砂+石灰
+ソーダ灰 の3つの要素でできています。 

珪砂(ケイシャ)は、鉱物の石英の事で、砂
状に細かくなったものを、珪砂と呼んでいま
す。
石英自体はとても一般的な鉱物ですので、
世界中であちこちで、取ることができる身
近な素材でもあります。

石灰は、石灰岩としてとれる事が多いのです
元々は、サンゴや貝殻の堆積したものが主成
分ですので、今でも貝殻を釜で焼いて作ること
ができます。
日本国内の石灰自給率は、ほぼ100%という
鉱物資源としては、珍しく豊富な素材ですが、
海に囲まれた島国ならではのことなのかも知れ
ません。

ソーダ灰は、無水炭酸ナトリウムの事で、ナトリ
ウムを多く含んでいる植物を、燃やして出来た灰
を使っています。
たとえば、コンブやワカメなど海藻類には、多くの
ナトリウムが含まれています。
古代エジプトでは、ガラスの材料としてだけではな
く、ミイラを作る時の材料としても用いられていた
ようです。

このように身近な自然にあるものを混ぜて、熱を加
えるとガラスが出来ますので、世界中でガラスが生
産されているわけです。

2003年創業
サンドブラストによるガラス彫刻加工専門のブラスト工房です。

株式会社ブラスト工房 埼玉県蕨市北町3-6-2

サンドブラストでアートギフト 株式会社ブラスト工房http://blastkoibou.co.jp
ヤフーショッピング サケギフトショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/sakegiftshop/
ヤフーショッピング ブラストガラスhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/blastglass/

サンドブラスト加工・ガラス等に関する名入れ彫刻
お気軽にお問合せください。
メールでのお問合せ info@blastkoubou.co.jp

デザインフェスタVol48 1日目終了 ブラスト工房 サンドブラスト ガラス彫刻

サンドブラスト ブラスト工房

コイ 立体感のあるガラス彫刻



ブラスト工房は、本日から2日間、東京ビックサイ
トで行われている、デザインフェスタVol48に出店
しています。
今までだと、会期1日目がお客様が多いのですが、
本日はちょっと少な目。
他の出店者の方にもお聞きしましたが、同じ感想で
した。

気温が20度を大きく超え、天気も良かったので、室
内イベントではなく、野外イベントへ行かれたのです
かねえ・・・・・・・・本当の所はわかりません。

ただ、少しでも良い結果が出るように、いろいろと作
戦を立てて実行したので、売上自体はいつものデザ
インフェスタと変わりがありませんでした。



今回は、立体的に見える深彫りのガラス彫刻作品を
展示したのですが、予想を上回る反響で、多くのお客
様に注目いただきました。

その中でもちょっと工夫すれば、高額でも
「全然買います!」
と力強く言ってくださった方がいたので、ちゃんと作品
の価値を認めてくれて、相応の金額を出してくれる人
がいる事を確認できたので、ちょっと安心しましたし、
明日からの励みにもなる出来事でした。

サンドブラストのガラス工芸は、まだまだ一般的に認
識が低いので、厳しい状況は続いていますが、少しず
つ実績を積み重ねて行くしかない、という事を改めて
思いました。

さて明日、11/11(日)は2日目ですので、今日以上
に頑張ります。

ぜひ、デザインフェスタ会場のF-244・245へお越し
ください。

名入れの加工 素材の支給での加工も承ります ブラスト工房 さいたま市 サンドブラスト ガラス彫刻

グラス 名入れ サンドブラスト ブラスト工房

100個単位での加工依頼
が増えてきました


10月から、素材をお客様にご支給いただいての、ガラ
ス彫刻加工を始めましたが、ありがたい事にすでに10
0個単位でのご注文を頂いております。

ガラス素材と言っても、グラス・お皿・展示プレートなど
本当に様々な素材があります。

厳密に言えば、ガラスの材質はメーカーによってすべて
違いますので、硬いガラス、柔らかいガラス、の違いも
あり、強化になっているもの、耐熱のものなど、その特性
は、様々です。

以前、松徳硝子さんの うすはり という、厚さ1mmしか
ないグラスを500個加工した事がありました。
1mmという見た目とは違って、意外と丈夫なグラスで倒し
ても割れるような事はありませんでした。
私の印象ですと「柔軟性のあるガラス」で出来ているから
こそ、割れにくいのではないか、と思いました。

市場には本当にいろいろなガラスがあり、グラスに関しても
ヨーロッパから輸入されるものは、作りがラフなものも多く
国産のメーカーだったら出荷できないようなものも、混じっ
ている事があります。

デザインがちゃんとしていて、グラスとして機能すれば
問題はないんじゃない?

という考え方が、根底にはあるような気がしますし、逆に
国産品の基準が厳し過ぎるのか、それがまた日本の良さ
なのか、どうどう巡りの話になってしまいます。

お客様からご支給頂く素材も様々ですので、打ち合わせを
させていただいてから、お見積をさせていただいております。

年末年始になると 名入れ のお話が急激に増えてきます
ので、お考えのある方は、お見積だけでもお早目に、とお勧
めしています。

お名前やロゴの名入れ彫刻を、まとめて50個100個でお安くご提供! 

ロットグラスシリーズは、オリジナルデザインのグラスを、
多くの数量でお使いになりたい方の為に、量産品のグラスに
彫刻加工をして、安価でお届けする商品です。

詳細はこちらをクリック ロットグラスシリーズ

グラス 名入れ 彫刻加工

ロットグラス
タンブラー03

グラス 名入れ 彫刻

ロットグラス

数量が多い場合、印刷・プリントを選択される方も多いです し、
カラーも選択できますが、インクがベタッと付
いた安価 な感じは否めません。
サンドブラストでの彫刻加工なら、光を透過する美しさ
高級感がありますので、ワングレード上のグラスを演出
できます。

会社の周年記念品 イベントの粗品 高級飲食店でお客様用の
グラスに、ご利用ください。

詳細はこちらをクリック ロットグラスシリーズ

蕨市のお店紹介番組 ほっつき蕨[第17回]軽食&珈琲とも/ブラスト工房 14分30秒から始まります。

蕨市紹介番組

ほっつき蕨[第17回]軽食&珈琲とも/ブラスト工房
14分30秒から始まります。
https://youtu.be/CgxjxMGUKN8

本業は俳優の、レポーターのお2人との楽しい時間でした。

ブラスト工房の仕事の内容・会社の雰囲気が、とてもよくわかる
TV番組です。
14分30秒から、ブラスト工房のレポートがはじまります。

わらびブランド認定品 蕨硝子 TV番組 蕨ブランド ブラスト工房×蕨硝子

ブラスト工房のオリジナルブランド 蕨硝子 

わらび市認定ブランド 蕨硝子 紹介TV番組です。

蕨ブランド ブラスト工房×蕨硝子 https://youtu.be/tt8FWYlKcE4

日本で一番小さな市、埼玉県蕨市にあるサンドブラスト専門工房
ブラスト工房の紹介番組です。

10月20日 ハンドメイド アート・クラフト市 東京スクエアガーデンに出店します ブラスト工房

ハロウィン ブラスト工房 サンドブラスト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018 10月20日(土)
ハンドメイドのアート・クラフト市 東京スクエアガーデン
に出店します
ぜひ、ご来場ください

日時 2018.10.20(土)11:00~17:00
場所 東京スクエアガーデン
東京都中央区京橋3-1-1
東京駅八重洲南口徒歩6分 地下鉄京橋駅直結
https://www.aozorakoten.com/products/detail.php?product_id=1578

10/31に向けて、ハロウィンデザインのグラスも出品しますので
ぜひご来場いただき、手に取ってご覧ください。

今後の予定

2018.11.3(土・祝)
中仙道武州蕨宿 宿場祭り
に出店します
ぜひ、ご来場ください
日時 2018.11.03(土)10:00~18:30
場所 埼玉県蕨市 旧中仙道
http://shukubamatsuri.com/

2018.11.10(土)11(日)
デザインフェスタVol48 に出店します。
ぜひご来場ください
日時 2018.11.10・11 11:00~19:00
場所 東京ビックサイト西館 F-244・245
https://designfesta.com/

 

 

サンドブラスト的ハーバリウム 埼玉 サンドブラスト ブラスト工房 ガラス彫刻 ガラスエッチング

ハーバリウム サンドブラスト ブラスト工房

ハーバリウムボトルの下部をサンドブラスト加工しました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハーバリウムとは、植物標本の事。

植物本来の色を失わずに保管する方法として、ビンに入
れて、オイルに漬けたものです。

見た目にも透明感のある、美しい表現になりますので、イン
テリアアイテムとしても、とても人気があります。

透明感が必要ですので、容器は基本的にガラスビンです。
ガラス彫刻専門のブラスト工房としては、ガラス と聞くと
何かをしたくなる・・・・というのは必然です。

実際に、ハーバリウムの講座を受講して、いろいろな作り方を
学んでみて、気が付いたのは、瓶の底の部分のレイアウトの
仕方が難しいという事です。
花の茎がバラバラになったりして、ちょっと見苦しいかな?と
思った時には、小さな花びらを敷き詰めて埋めたりしていまし
た。

そこで、ビンの下の部分をサンドブラストで加工してグラデー
ションを付けてみました。
出来上がって見ると、底の部分のレイアウト問題が解決!。
淡い幻想的な雰囲気もでき、思った通りの仕上がりになりま
した。

次に、断面が四角形のビンの片面を、サンドブラストでスリガラ
ス状に加工してみましたが、正面から見るとスリガラスの白い
バックの効果で、花の色がとても映えました。

確かに、ハーバリウム本来の透明感が薄れましたが、それは
それで、ハーバリウムのバリエーションと考えれば、有効な方法
なのではないか、と思っています。

他にも、ガラスビンを加工することで、ハーバリウムの表現方法を
広げられることがわかりましたので、今後もいろいろなバリエーシ
ョンを紹介していきますので、お楽しみに。