サンドブラスト的ハーバリウム 埼玉 サンドブラスト ブラスト工房 ガラス彫刻 ガラスエッチング

ハーバリウム サンドブラスト ブラスト工房

ハーバリウムボトルの下部をサンドブラスト加工しました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハーバリウムとは、植物標本の事。

植物本来の色を失わずに保管する方法として、ビンに入
れて、オイルに漬けたものです。

見た目にも透明感のある、美しい表現になりますので、イン
テリアアイテムとしても、とても人気があります。

透明感が必要ですので、容器は基本的にガラスビンです。
ガラス彫刻専門のブラスト工房としては、ガラス と聞くと
何かをしたくなる・・・・というのは必然です。

実際に、ハーバリウムの講座を受講して、いろいろな作り方を
学んでみて、気が付いたのは、瓶の底の部分のレイアウトの
仕方が難しいという事です。
花の茎がバラバラになったりして、ちょっと見苦しいかな?と
思った時には、小さな花びらを敷き詰めて埋めたりしていまし
た。

そこで、ビンの下の部分をサンドブラストで加工してグラデー
ションを付けてみました。
出来上がって見ると、底の部分のレイアウト問題が解決!。
淡い幻想的な雰囲気もでき、思った通りの仕上がりになりま
した。

次に、断面が四角形のビンの片面を、サンドブラストでスリガラ
ス状に加工してみましたが、正面から見るとスリガラスの白い
バックの効果で、花の色がとても映えました。

確かに、ハーバリウム本来の透明感が薄れましたが、それは
それで、ハーバリウムのバリエーションと考えれば、有効な方法
なのではないか、と思っています。

他にも、ガラスビンを加工することで、ハーバリウムの表現方法を
広げられることがわかりましたので、今後もいろいろなバリエーシ
ョンを紹介していきますので、お楽しみに。