ガラスの話4 緑のガラス ブラスト工房 サンドブラスト ガラス彫刻

ブラスト工房 サンドブラスト 名入れ彫刻

被せガラス 緑


ガラスの話4は緑のガラスの話です。
ガラスの素材に、酸化クロムを混ぜると、緑のガラスに
なりますが、この場合の緑はエメラルドグリーンのよう
な濃い緑ではなく、黄緑色に近い明るい色の緑になりま
す。
エメラルドグリーンのような緑を出す場合には、青色の
ガラスの要素をプラスすると、濃い緑色になります。
クロムと言えば、毒性の強い六価クロムなどを思い浮か
べがちですが、酸化クロムは毒性もなく安定した物質で
す。
顔料などにも使用され、学校の黒板の濃い緑色は、酸化
クロムの色でもあります。
クロムの産出国は、1位が南アフリカ2位がカザフスタ
ンとなっていますが、前回のコバルトの時と同じで、ア
フリカが重要なんですね。

意外と世界を動かしているのは、アフリカなのかもしれ
ません。

2003年創業
サンドブラストによるガラス彫刻加工専門の
ブラスト工房です。

株式会社ブラスト工房 埼玉県蕨市北町3-6-2

サンドブラストでアートギフト 株式会社ブラスト工房http://blastkoibou.co.jp
ヤフーショッピング サケギフトショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/sakegiftshop/
ヤフーショッピング ブラストガラスhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/blastglass/

サンドブラスト加工・ガラス等に関する名入れ彫刻
お気軽にお問合せください。

メールでのお問合せ info@blastkoubou.co.jp

ガラスの話3 青いガラス ブラスト工房 サンドブラスト ガラス彫刻

サンドブラスト ブラスト工房 ガラス彫刻

被せガラス 瑠璃色


ガラスの話3は青いガラスの話です。
青と言っても色々な色がありますが、日本のガラスで
は瑠璃色(るりいろ)と呼ばれる、濃い青色について
です。
瑠璃色は、ガラスの素材に コバルト を混ぜて作ら
れていて特にガラスには、ケイ酸コバルト が使用さ
れています。

コバルト は鉱物資源で、磁性(磁石になる性質)が
強い金属で、生産量の約1/4が磁石に使われています。

コバルト自体は、単体で金属の形で使用する事が難しい
のですが、高温にも強く錆びにくい事から、合金の素材
として他の金属に混ぜて、高温、高圧、高回転という過
酷な条件で使用されるジェットエンジンのタービンブレー
ドなどの部品に使用されています。

海の色などに表現されるコバルトブルーですが、これはコバルト
とアルミを混ぜて作られた コバルトブルー という顔料がその
言葉の由来で、この顔料は、耐光性・耐候性・耐酸性・耐アルカ
リ性のいずれも優れた顔料なので、古くから陶磁器や絵具の着色
に多く使われていました。

コバルトの取れる地域は世界でも場所が限られていて、一番の生
産量を誇るのが、アフリカのコンゴ共和国です。
コンゴ共和国は長年に渡り、政情が不安定な国なので、その輸出
量も常に心配され、日本では国内備蓄が国策ともなっています。

ガラスの素材ですが、調べてみると科学技術や政治とも深く関係
してくるものなのですね。

2003年創業
サンドブラストによるガラス彫刻加工専門の
ブラスト工房です。

株式会社ブラスト工房 埼玉県蕨市北町3-6-2

サンドブラストでアートギフト 株式会社ブラスト工房http://blastkoibou.co.jp
ヤフーショッピング サケギフトショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/sakegiftshop/
ヤフーショッピング ブラストガラスhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/blastglass/

サンドブラスト加工・ガラス等に関する名入れ彫刻
お気軽にお問合せください。

メールでのお問合せ info@blastkoubou.co.jp

お酒の購入時には、ご注意ください!違法業者の見分け方 お酒の販売には酒販免許が必要です

酒販免許 ブラスト工房 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラスト工房では、お酒のボトルにメッセージやデザ
インを彫刻加工して販売していますが、お酒の販売
には 酒類販売免許 が必要です。

酒類販売免許にも大きく分けて、卸売業の免許と小
売業の免許があり、その中でも何種類にも免許要件
が分かれています。

卸売業の免許では、すべてのお酒を扱う事ができる
全酒類卸売業免許 を持って営業している所が
ほとんどですが、実は本当は中でも細かく分かれて
いて、ビール卸売業免許 洋酒卸売業免許 輸出入
酒類卸売業免許 などがあります。

町にある酒屋さんは、一般酒類小売業免許 を持って
営業をしているのですが、その酒屋さんがネット通販を
しよう!と思ったら別途、通信販売酒類小売業免許 を
取得しなければならないという、細かな規定があります。

つなり、お酒を販売するには、酒税法に基づいた規定に
合わせて、酒販免許を取得したものだけが、お酒の販売
をできる事になっています。

お酒の販売には、販売の責任者 酒類販売管理者 を設
けなければならず、その管理者は3年ごとに酒類販売管
理者研修を受講する義務があります。

ブラスト工房にも、酒類販売管理者がいて、研修を受けて
います。
一緒に研修を受けた人達は、お酒の販売を業としている
方々で、コンビニのオーナー JAの担当者 大手スーパー
の担当者 生協の担当者 ディスカウントストアの担当者
ドラッグストアの担当者 など、お酒を販売している所の
人は、必ず参加しています。

ここでご注意頂きたいのは、ネット通販でお酒の販売をして
いるネットショップに中には、無免許でお酒の販売をしている
違法業者が多数いる、という事です。

無免許でお酒の販売をしている違法業者の特徴は、

・ヤフーショッピング、楽天市場などの、ネット上のショッピング
モールに所属していない。
(当然、出店要件をクリアーできるわけがありません)

・ホームページ及び販売ページ上に、酒販免許の番号を記載
していない。
(免許が無いのだから、記載のしようがない)
ブラスト工房は 酒類販売免許 西法1第374号 です。
通販の際には、わかりやすい所に免許番号を記載する義務が
ありますので、記載していないこと自体が違法になります。

・ボトル彫刻加工業者に多い
残念な事ですが、無免許でお酒の販売をしている違法業者に
は、ブラスト工房と同業の、ガラス彫刻加工業者にも多くいる
と言う事です。

こういう輩と同類に見られるという事は、お客様の信頼を著しく
阻害される事になるので、今後事あるごとに摘発して行く事に
しました。

違法業者から商品を購入するという事は、違法行為を手助け
していることと同じ事ですので、十分にご注意いただき、商品を
ご購入ください。