河鍋暁斎展 サントリー美術館 ガラス 名入れ ブラスト工房 名前入れ さいたま 東京 蕨 戸田 川口

ブラスト工房 ガラス彫刻 サンドブラスト 

記念撮影スポットあります



今日は、港区六本木にあるサントリー美術館の河鍋暁
斎展へ行ってきました。
「その手に描けぬものなし」
と題された展示会でその名称通り、全体を見渡せるよ
うな、バリエーションに富んだ暁斎の作品が並べられ
ています。
この内容だったら、初めて見る方にでも、暁斎の凄さ
を理解してもらいやすいのではないでしょうか。

花鳥図
近年、伊藤若冲が人気ですが、その作品と比べても
全く引けを取らない、色彩にあふれた美しい作品です

枯木寒鴉図
暁斎の鴉の絵はたくさん見てきましたが、やはり栄太
郎所蔵の「百円鴉」として有名なこの鴉図が、一番好
きです。
入り口の所で、この画がディスプレイに映し出されて
いましたが、実は動画になっていて、羽ばたいて飛ん
で行くので、ちょっと面白かったです。

その他様々に素晴らしい作品ばかりなのですが、個人
的には、とても大きな収穫がありました。
「一度実物を見たい!」と、ずーっと思い続けてきた
作品「処刑場跡描画羽織」があったんです!。
あまりに凄惨な画なので、ここでは紹介できませんが
興味のある方は 画像リンク をご覧ください。

松の木に吊るされた首吊りの男、磔にされた血だらけ
の女、生首をくわえた犬の目、肋骨に頭を突っ込んで
いるカラス、目玉をえぐりだしたカラス、腸をくわえ
て飛んでいるスズメ・・・・・・・・。
どうして、ここまでリアルに描く必要があったのか、
いや、ここまで描けること自体が、天才の技であると
再認識しました。

これは注文があって、暁斎が羽織の裏に描いたもので
すが、いったい誰が注文したのかは、未だ不明です。

断っておきますが、残酷な画が好きなわけではなく、
ここまで描写ができる、技術と才能に感動していた
わけです。

あまり熱心に見ていた(ようなので?)相当に不審に
思われたようで、気が付いたら私の後ろに、すっと
警備の人が立っていました。(笑)

残念な事は、状態の良い美しい作品に限って、ゴー
ルドマンコレクションであった事です。
日本には、暁斎の作品が少ない、認知が低かったと
いう事の表れでもあります。
(若冲にも同じ事が言えますが)

河鍋暁斎を知らない方でも、きっと楽しめる展示会
ですので、ぜひ会場へ足を運んでください。

忘れてはいけない!
ブラスト工房の商品、蕨硝子・河鍋暁斎シリーズの
ロックグラスは、ミュージアムショップの目立つ所
に置いて頂いております。
ぜひご覧の上、お買い求めください。(宣伝です!)

サントリー美術館で 

河鍋暁斎 その手に描けぬものなし

が開催されています。

日時 2019.2.6(水)~3.31(日)
   火曜日休館
   10:00~18:00
  (金・土・2/10・3/20は20:00まで)
場所 サントリー美術館
   港区赤坂9-7-4
   東京ミッドタウンガレリア3F

わらびブランド認定品
蕨硝子・河鍋暁斎シリーズを、ミュージアムショップ
で販売します。
2ヶ月近くの長い会期ですので、ぜひご来館ください。

2003年創業
サンドブラストによるガラス彫刻加工専門の
ブラスト工房です。

埼玉県南部、さいたま市 川口市 蕨市 戸田市 を
中心に営業しています。
ネット通販で、国内全国発送しています。

株式会社ブラスト工房 

サンドブラストでアートギフト 株式会社ブラスト工房http://blastkoibou.co.jp
ヤフーショッピング サケギフトショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/sakegiftshop/
ヤフーショッピング ブラストガラスhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/blastglass/

●毎日更新!ブログ
https://blastkoubou.co.jp/?page_id=21
●アメブロ
https://ameblo.jp/blastkoubou/

●フェイスブック マメに投稿中
https://www.facebook.com/blastkoubou/

●ツイッター マメにつぶやき中
https://twitter.com/blastkoubou

●インスタグラム トキドキ投稿中
https://www.instagram.com/blastkoubou/

サンドブラスト加工・ガラス等に関する名入れ彫刻
お気軽にお問合せください。

メールでのお問合せ info@blastkoubou.co.jp