いつ贈ればいいでしょう?

結婚祝い ボトル 名入れ
結婚のお祝いには、何を贈ればいいでしょうか。
持っていないようなもの・・・・・他の人のプレゼントとかぶらないもの
・・・・・センスを感じてくれそうなもの
選ぶなら、喜んでもらえるもの!を贈りたいものですね。

渡すタイミングも大切。
できれば、結婚式の1週間以上前に渡しましょう。
スケジュールが合わなかったら、相手の受取の都合を考えて、宅配で贈っ
ても良いです。

式の日が近づいてくると、新郎新婦共にとてもいそがしくなるもの。
バタバタしている時でなく、多少時間に余裕のある時期にしましょう。
もし遅れるようでしたら、新婚旅行から帰ってきて、新居の状況が落ち着い
たタイミング、式から2週間以上経ってからの、早い時期にしましょう。


何を贈ればいいでしょう?

結婚祝い ボトル 名入れ

結婚のお祝いにおすすめなのは、オーダー商品。
新郎新婦の名前や、結婚式の日付を入れたものであれば、

2人の為に、わざわざ注文して作った、という事が、
「本当に、2人の事を祝福してくれてるんだ」
という思いが、新郎新婦に伝わりやすくなります。

では予算は?というのも重要ですね。
ある調査では、

結婚式へ出席の場合
・親しい友人     ご祝儀+ギフト代¥5,000円~10,000円程度
・職場の上司先輩同僚 ご祝儀+ギフト代 ¥3,000円~5,000円程度
・家族や親しい親戚  ご祝儀+ギフト代¥10,000円~30,000円程度

結婚式へ出席しない場合
・親しい友人     ギフト代¥10,000円~20,000円程度
・職場の上司先輩同僚 ギフト代¥ 5,000円~10,000円程度
・家族や親しい親戚  ギフト代¥30,000円~50,000円程度

と言う所が目安のようです。
もっとも、予算は年代や景気状況によって、変わってきます。
友人や職場の人に贈るギフトは、何人かで出し合って贈る事もあるので
相談して決めましょう。


ブラスト工房からの提案


結婚祝い ボトル 名入れ ブラスト工房

ブラスト工房からの提案は、受け取った方に気遣いをさせずに、それでいて印
象に残るギフト。

お酒のボトルに、
・お祝いのメッセージ
・新郎新婦の名前
・日付
を彫刻加工してお届けします。

お祝いの定番はシャンパンです。
モエ・エ・シャンドンやドン・ペリニヨンが人気です。
ワインだったら、お酒を飲まない方でも、料理に使ってもらえます。
ケーキやお菓子作りが趣味の方には、ブランデーも喜ばれます。
—————————————————————–
結婚祝い
—————————————————————–