ガラス彫刻 レッスン2

 

ガラス彫刻 レッスン2

・サンドブラストガラス彫刻のデザイン
・マスキングのカットの方法
・フレームブラストのコツ
・カーブの多いガラスでの砂の当て方

クリアーガラスコース レッスン2 サンドブラストガラス彫刻

ブラスト工房で行っている サンドブラストガラス彫刻講座の中で、
ガラスをしっかり深く彫る技法の クリアーガラスコースのレッスン2です。
今回はルリ色のグラスを使用していますが、被せガラスと区別して色ガラス
もクリアーガラスに入れています。

サンドブラストガラス彫刻のデザイン

ガラス彫刻 レッスン2

サンドブラストでガラスを彫るデザインは、普通の画とは違って、それぞ
れのパーツの重なりを考えながらデザインを考える必要があります。
ガラス彫刻のデザイン サンドブラスト
特に、パーツ同士の接点ができないように注意しないと、デザインとして
の見た目と、完成した彫刻作品との違いが出てしまいます。
デザインは、パーツ同士の重なり がはっきりとわかるようにする点が
重要です。

マスキングのカットの方法

ガラス彫刻のデザイン サンドブラスト

マスクをカットする際に、線の通りにカットしてしまうことが多いと
思います。
サンドブラストのマスクはカットした後で、切り離して剥がして使う
ので、デザイン通りにきれいに剥がせなければなりません。
ですので、カットする際にはわざと オーバーめ にカットをします。
こうすることで、葉先のギザギザ感が出せたり、枝のシャープな感じ
が表現できます。

フレームブラストのコツ

ガラス彫刻 レッスン2

フレームブラストは、デザインをふちどるように彫るに彫る 技法・
表現方法で、全体に同じ深さ彫るフラットな彫り方とは違い、時間
をかけずにしっかりとガラスの深彫りを表現できる方法です。
デザインのラインに沿って深く彫りこむ、事が基本です。
放射状に広がる砂の半分が、ガラスに当たるように気を付けながら
たえずノズルを動かしながら、深さが均一に彫れるようにします。

ガラス彫刻 レッスン2

カーブの多いガラスでの砂の当て方

ガラス彫刻 レッスン2

丸みをおびたフォルムのグラスなど、全体がカーブしているグラス
などは、砂の当て方にも注意が必要です。
ガラスに対して垂直に砂当てる というのがガラス彫刻の基本です。
グラスを持った方の手の動きで、角度を変えてカーブした部分に垂
直に砂を当てます。

慣れないうちは、ガラスの位置を固定して、ノズルの方の向きや角
度を変えてしまいがちです。
最初のころは特に意識して、ガラスの方の向きや角度を変えて、砂を
ガラスに垂直にあてるようにします。

レッスン3 より複雑なデザインでフレームブラスト

レッスン2では、フレームブラストの際の、デザインのコツ、マスクのカッ
トのコツ、砂を垂直にあてる方法などを説明しました。
レッスン3では、より複雑なデザインを使っての、フレームブラストの方法
を紹介します。

ブラスト工房のサンドブラストガラス彫刻講座 クリアーガラスコースは
身近にある透明なガラスにデザインを彫刻して、作品を作るカリキュラム
です。
絵心・センスなどは、一切必要ありません。
ガラス彫刻の方法を学べば、どなたにでも作品を製作できる講座です。

まずは体験講座から、お気軽にご参加ください。

レッスン1へ
レッスン3へ

サンドブラスト・ガラス彫刻教室