開店祝い何を贈りますか?

開店開業 お祝いギフト

友人が居酒屋をオープンさせることになり、お祝いを贈るのだけれど、何を
?予算は?いつ?いろいろと考える事が多くて困りませんか?

友人にとって念願の自分のお店ですので、人生の大きな転機となります。
だから、心を込めて喜ばれるお祝いをしたい!ですね。


いつ贈ればいいでしょう?

いつ贈るのか・・・・ちょっと悩みます。
お店のオープンの日に、お客さんになって訪れて、直接渡す事ができれば
一番いいですね。
直接お祝いの言葉を届ける事も出来ます。

前日もしくは直前はさけましょう。
開店準備に忙しい時では、かえって大変な思いをさせてしまいかねません。
当日に行けないのであれば、1週間以上前には届くように、発送しましょう。
当日着で送ると、ただでさえ慣れない状態で忙しい所へ、配達の荷物が届く
と、余計に混乱しかねませんし、受け取った物に対しての印象も薄まります。

遅れる場合は、ちょっと落ち着いた頃が良いのですが、それでも半月つまり
2週間以内には届くようにしましょう。


予算はどのくらい?


開店開業 お祝いギフト

ある調査では
BtoB 会社同士で取引先へのお祝いであれば、¥10,000円~¥50,000程度
友人知人の場合であれば、 ¥5,000円~¥10,000円程度
が多いと言われています。
その範囲を下回らなければ、失礼には当たらないと思います。


何を贈るの?


開店開業 お祝いギフト

一番無難なのはお花です。
しかし、お店や会社がお花だらけでは、あまり贈ったインパクトがありませんね。

実質的なものでしたら、現金や商品券などを贈ってもOKです。
独立や開業の時には、何かとコストがかかるものなので、すぐに役立ってくれる
ものは、喜ばれます。
たとえ相手が、先輩や元上司など目上の人でも、失礼にはあたりません。

逆にNGなもの、があります。

火を連想させるものは、火事や不幸を感じさせますので、ライター・キャン
ドル・ストーブ・灰皿・真赤なバラの花束などはNGです。

踏みつけるものは、相手を下に見ていると思われかねないので、玄関マット
・スリッパ・サンダルなどはよくありません。

壁に穴を開けて飾るもの 壁掛け時計や絵などですが、賃貸のオフィスや
店舗でも、後々補修の対象になりがちですので、気を付けましょう。


ブラスト工房からの提案


ブラスト工房からの提案は、受け取った方に気遣いをさせずに、それでいて印
象に残るギフト。

お酒のボトルに、
・お祝いのメッセージ
・お店や会社の名前
・日付
を彫刻加工してお届けします。

お祝いの定番はシャンパンです。
モエ・エ・シャンドンやドン・ペリニヨンが人気です。
ワインだったら、お酒を飲まない方でも、料理に使ってもらえます。
ケーキやお菓子作り、紅茶にも合う、ブランデーも喜ばれます。
—————————————————————–
開店祝い 開業祝い
—————————————————————–