ガラス彫刻講座 レッスン9

ガラスの深彫り クリアーガラスコースレッスン9

ブラスト工房では、サンドブラストで加工するガラス彫刻教室を
開講しています。

・クリアーガラスコース
一般的にある透明ガラスのグラスや皿を使って、デザインを
彫刻加工するレッスンです。
ガラスを深く彫りこむ 深彫り など、技術力の高い内容に
なっています。

薄いガラスに彫刻加工

ガラス彫刻講座 レッスン9           

ガラスを深く彫る
透明なガラスにデザインを彫刻加工する、クリアーガラスコース・
レッスン9の紹介です。

タイトルにも書きましたが、今回は深く彫りません。
比較的ガラスの厚みの薄い、食品の保存瓶に彫刻加工します。
クリアーアガラスコースは基本的に、ガラスを深く彫って、デザイン
を表現するカリキュラムなので、とても矛盾しているように思えます。
しかし、この「浅く彫る」という事が、今後のレッスンで重要になっ
てきます。
ガラス彫刻講座 レッスン9

大は小を兼ねる

ガラス彫刻講座 レッスン9

ネットで、サンドブラストのガラス彫刻作品を見ていると、
「スリガラス」にしただけのものを時々見かけます。
浅く彫っただけのものもあります。
こういう加工だけをやっていると、彫る深さの調節などは
できません。

いままでのレッスンで ガラスを深く彫る という事を
体験し体感で理解していると、深く彫る・浅く彫るの違いが
わかるようになります。

大は小を兼ねる

という言葉どおりに、深く彫る・浅く彫る・中間くらいに彫る
ということができるようになります。

今回のレッスン9は、浅く彫ることによって、深く彫った場合
との違いを、体験することが目的です。
これをすることにより、深く彫る部分・浅く彫る部分の彫り分けが
できるようになり、デザインの表現がより広がるわけです。
ガラス彫刻講座 レッスン9

朝顔の葉脈をカットする

ガラス彫刻講座 レッスン9

朝顔の葉脈は、細い線ですので、ゴムシートをカットする際に
極力細くカットします。

しかしこうすると、狭いスペースに砂が入っていかないので
なかなか彫れません。
そこで、ノズルをゴムシートに接するくらいまで近づけて、
サンドブラストします。
細い隙間に砂をネジ込むようなイメージで彫ります。

朝顔の薄い花表現する

ガラス彫刻講座 レッスン9

朝顔は、薄いひらひらした感じの花びらです。
これを表現するために、極力薄く彫ります。
薄く彫っても「スリガラス状」ではなく、ほんの少しだけ
彫り込みます。

このへんで前述しましたが、深く彫った経験が生きてくる
わけです。
「いつもより、1/3くらいの感じで彫ればいいかな?」
という調整は、深く彫った経験がないとできません。

ガラス彫刻講座 レッスン9

 

今回の ガラスを浅く彫る ということが、理解・実践できれば
今後の作品で、
「ここを強調するために深く彫って、ここを浅くして主張し過ぎないように」
という感じのことができます。
デザインを表現する幅が、大きく広がります。

興味のある方は、体験講座から始めてみませんか?

サンドブラスト・ガラス彫刻教室