切り絵の美術展終了しました サンドブラスト ガラス彫刻 ブラスト工房 戸田市 川口市 さいたま市 蕨市 東京都

切り絵の美術展、第35回日本剪画協会美術展 無事終了しました。
本当に多くの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。

ついでに、敢闘賞をいただきました(ちょっとうれしい)。

切り絵 サンドブラスト

第35回日本剪画協会美術展 敢闘賞受賞


第35回剪画美術展


今回の主題テーマは 水 で、水に関わる様々な作品が出品されました。

切り絵 サンドブラスト

私のテーマ作品は、2匹の散歩道
水辺を歩く2頭の犬です。

前を歩くのは、近所に住んでいた柴犬のティノくん。
後ろを歩くのは、ゴールデンレトリバーのアインシュタイン。
私が、15年間一緒に暮らしていた犬です。

2頭は、ほとんど同時期に生まれ、近所で暮らしていたので、とても仲良しでし
た。

そんな2頭の日常を描いてみました。


敢闘賞を頂きました

切り絵 サンドブラスト

第35回日本剪画協会美術展 敢闘賞受賞

題名 導きの神使 敢闘賞をいただきました。

中心に描いたのは 八咫烏(やたがらす)です。

八咫烏は、人を正しい方向へ導く神の使い とも言われています。

描いた街は、地元の日本で一番小さな市・埼玉県蕨市で、蕨陸橋の上から蕨
駅の方を見た景色です。

疲弊した街を正しい方向へ導いて欲しい、そんな思いで製作した作品です。

カラスというと

・黒くて大きいから怖い
・ゴミを散らかす
・人を襲う

という悪いイメージを抱く人が多いですが、実は世界中の神話や宗教で神の使い
として、重要な地位にある鳥です。

太陽に住む鳥、この世とあの世の橋渡しをする鳥、など、様々な描かれ方がされ
ています。


剪画と切り絵


サンドブラストのデザイン・原稿作成の為に、切り絵を始めた事は前にもお話し
しましたが、最近特に思うのは、線 の問題です。

突き詰めていくと、手書きやプリンターの線の線の弱さが気になり、黒い紙を切
った時の、とてもシャープな線が好きになりつつあります。

もしかしたら将来は、サンドブラストの原稿をすべて切り絵で作る事になるのか
もしれません。

———————————————————————–

サンドブラスト彫刻加工専門
埼玉県南部、さいたま市 川口市 蕨市
戸田市 東京都内を中心に営業してい
ます。
ネット通販で、国内全国発送していま
す。

サンドブラスト・ガラス彫刻教室始めました

サンドブラスト・ガラス彫刻教室

株式会社ブラスト工房

サンドブラスト 名入れ 彫刻加工 株式会社ブラスト工房
https://blastkoibou.co.jp

ヤフーショッピング サケギフトショップ
https://store.shopping.yahoo.co.jp/sakegiftshop/

ヤフーショッピング ブラストガラス
https://store.shopping.yahoo.co.jp/blastglass/

●毎日更新!ブログ
https://blastkoubou.co.jp/?page_id=21

●アメブロ
https://ameblo.jp/blastkoubou/

●フェイスブック マメに投稿中
https://www.facebook.com/blastkoubou/

●ツイッター マメにつぶやき中
https://twitter.com/blastkoubou

●インスタグラム トキドキ投稿中
https://www.instagram.com/blastkoubou/

サンドブラスト加工・ガラス等に関する名入れ彫刻
お気軽にお問合せください。

メールでのお問合せ info@blastkoubou.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です