デニムのサンドブラスト 失敗編 蕨市 名入れ 刻印 ブラスト工房 サンドブラスト ガラス彫刻

ブラスト工房 サンドブラスト ガラス彫刻

デニムジャケットのサンドブラスト加工


2019年もよろしくお願いします。

デニムのサンドブラスト加工ですが、元々ダメージ
加工してある素材を使用したので、結果失敗!。

厳密には失敗ではないのですが、見た目がわかりに
くいので、あまり良くはないですね。

デニムのサンドブラスト加工は、前にも紹介してい
ますが、サンドブラストで、デニム生地の表面を薄
く削り白くする事により、デザインを表現する方法
です。

だからこそ、ダメージ加工などのない素地が、一番
良いのですが、ただいま現在では、何も加工してい
ないデニム素材を探すのが大変だったりしますので
、逆に苦労するのです。

近々に、デニム生地そのものを使って、絵画的な
表現をした物を作りますので、ぜひお楽しみに!。


2003年創業
サンドブラストによるガラス彫刻加工専門の
ブラスト工房です。

埼玉県南部、さいたま市 川口市 蕨市 戸田市 を
中心に営業しています。
ネット通販で、国内全国発送しています。

株式会社ブラスト工房 

サンドブラストでアートギフト 株式会社ブラスト工房http://blastkoibou.co.jp
ヤフーショッピング サケギフトショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/sakegiftshop/
ヤフーショッピング ブラストガラスhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/blastglass/

サンドブラスト加工・ガラス等に関する名入れ彫刻
お気軽にお問合せください。

メールでのお問合せ info@blastkoubou.co.jp

デニムをサンドブラスト加工してみました ブラスト工房 サンドブラスト ガラス彫刻

ブラスト工房 ガラス彫刻 サンドブラスト

デニム サンドブラスト加工



デニムの加工は、過去にもいろいろとやってきたの
ですが、今回は初めてストレッチデニムに挑戦して
みました。
綿100%だったら可能な事はわかるんですが、他
の素材が入るとどうなるか?ちょっと緊張しました。

今回加工したデニムジャケットは、実は作業着屋さん
で購入したものです。
近年デニム生地が人気なようで、いろいろな作業着
に使用されていました。
特に加工した所が、ユーズド仕上げになっていたので
きれいにコントラストがでるのか、心配でしたが、結
果としてはOKでした。

実際に着て見るとさすが作業着で、いろいろと細かな
部分がとても機能的にできていますので、これは普段
着でもいいのでは!と思ってしまいました。
つまりデザインで、作業着っぽく見えなくしてしまえ
ばいいわけですね。

どんどん広がりが出てきそうなので、今後も加工する
ごとに、紹介したいと思います。

2003年創業
サンドブラストによるガラス彫刻加工専門の
ブラスト工房です。

株式会社ブラスト工房 埼玉県蕨市北町3-6-2

サンドブラストでアートギフト 株式会社ブラスト工房http://blastkoibou.co.jp
ヤフーショッピング サケギフトショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/sakegiftshop/
ヤフーショッピング ブラストガラスhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/blastglass/

サンドブラスト加工・ガラス等に関する名入れ彫刻
お気軽にお問合せください。

メールでのお問合せ info@blastkoubou.co.jp

デニム生地のダメージ仕上げはサンドブラストでした(過去) ブラスト工房 ガラス彫刻 名入れ彫刻 サンドブラスト 

ブラスト工房 デニム加工

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数年前にデニム生地で作った作品です。
モノクロですが、陰影やグラデーションを使う事で、いろいろな表現が可能です。

昨日、デニムの財布を入手しましたので、サンドブラスト加工をしてみました。
どこまで細かいデザインを表現できるかは、デニム生地の表面の状態によって、
変わってきます。
今回の素材は、中々良い感じでした。

デニム生地をサンドブラスト加工する場合、多くのサンドブラスト業者はマスキ
ングにカッティングシートを使っているようですが、ブラスト工房では全く別の
方法でマスキングをしています。(何かはナイショ!)
独自の方法で、細やかなデザイン表現が可能になっていますので、デニム生地でも
小さ目の文字もサンドブラスト加工できます。

デニム生地のサンドブラスト加工でネックになっているのは「コスト」です。
加工時間が、ガラスを加工する場合の数倍の時間がかかるので、どうしても
コストに跳ね返ってきます。

一品逸品良いものを作って、それなりの価格で販売できたら、と思っております。