八咫烏 サンドブラスト ガラス彫刻

2021年の始まり 導きの神使

サンドブラストのガラス彫刻作品 八咫烏

2021年も始まりました。
本年もブラスト工房を、よろしくお願いいたします。
元旦は、「願い」を込めて、ガラス彫刻作品を製作しました。
モチーフは、ブラスト工房ではおなじみの八咫烏(ヤタガラス)今回はフィルムなどを使わずに、すべて手作業で作成しています。

 

八咫烏(ヤタガラス)

サンドブラストのガラス彫刻作品 八咫烏

八咫烏とは、古事記・日本書紀にも描かれている、神の使いのオオガラスのことです。
日本書紀によると、天照大神が熊野の山で道に迷った神武天皇に、道案内の為に送った
カラスの事とされています。
八咫烏の八咫とは「おおきいもの」を表す言葉で、咫(アタ)とは約18cmの大きさを
表し、18×8=144cm となります。

熊野本宮大社のHPによると
日本を統一した神武天皇を、大和の橿原まで先導したという神武東征の故事に習い、
導きの神として信仰されている、とあります。
八咫烏の三本の足は、それぞれ天・地・人を表し、太陽の下に神様と自然と人が血
を分けた兄弟であるということを、二千年前に示していしていた、とされています。
熊野本宮大社 http://www.hongutaisha.jp/

サンドブラストのガラス彫刻作品 八咫烏
翼は羽を一枚一枚分けて彫って、重なりを表現しています

サンドブラストのガラス彫刻作品 八咫烏

導きの神使(みちびきのしんし)

サンドブラストのガラス彫刻作品 八咫烏

新型コロナウィルスの感染拡大、それに伴う社会の混乱、人間関係の分断、経済の縮小と、
2020は混乱がそのものの年でした。
国政は何の方向性も示せず、道に迷っている状態です。

この社会を正しい方向へ導いて欲しい

そんな願い込めて、八咫烏を製作しました。

八咫烏の森 サンドブラストガラス彫刻作品

舞い降りた八咫烏と、反対側に多くの八咫烏が住む森を
彫刻加工しています。
江戸切子に使われる高級ガラス素材 被せガラス(キセガラス)
を、サンドブラストで加工した逸品です。

ヤタガラスの森 ブラスト工房
ロックグラス 八咫烏の森 紫色 詳細は写真をクリック

ヤタガラスの森 ブラスト工房
ロックグラス 八咫烏の森 緑色 詳細は写真をクリック

ヤタガラスの森 ブラスト工房
ロックグラス 八咫烏の森 赤銅色 詳細は写真をクリック

——————————————————————————–

———————————————————————————-
サンドブラスト彫刻加工専門
埼玉県南部、さいたま市 川口市 蕨市 戸田市 東京都内を中心に
営業しています。
ネット通販で、国内全国発送しています。

サンドブラスト・ガラス彫刻教室始めました

サンドブラスト・ガラス彫刻教室

株式会社ブラスト工房

サンドブラスト 名入れ 彫刻加工 株式会社ブラスト工房
https://blastkoibou.co.jp

ヤフーショッピング サケギフトショップ
https://store.shopping.yahoo.co.jp/sakegiftshop/

ヤフーショッピング ブラストガラス
https://store.shopping.yahoo.co.jp/blastglass/

●商品情報・加工情報満載!ブログ
https://blastkoubou.co.jp/?page_id=21

●ガラス工芸社長の思う事・・・アメブロ
https://ameblo.jp/blastkoubou/

●フェイスブック マメに投稿中
https://www.facebook.com/blastkoubou/

●ツイッター マメにつぶやき中
https://twitter.com/blastkoubou

●インスタグラム トキドキ投稿中
https://www.instagram.com/blastkoubou/

サンドブラスト加工・ガラス等に関する名入れ彫刻
お気軽にお問合せください。

メールでのお問合せ info@blastkoubou.co.jp