長野千裕 磁器絵付け展へ 河鍋暁斎美術館 埼玉 サンドブラスト ブラスト工房 ガラス彫刻 ガラス工芸

磁器の絵付け、実演と詳細なお話を伺ってきました。

河鍋暁斎記念美術館
2019年9月1日~25日まで


磁器と陶器

焼物と言われる食器が、これは、陶器と磁器の総称です。
窯でやいて作るので、どちらも焼物と言われています。
この2つの違いは、材料にも違いがありますが、見た目では

陶器  土ものと言われ、主材料が粘土で珪石や長石を混ぜて作ります
磁器  石ものと言われ、主材料が石英や長石でこれを粉砕して
    粘土と混ぜて作ります 

・陶器は吸水するが、磁器は吸水しない
・陶器は表面がザラザラ、磁器は表面がツルツル
・陶器は粘土によって様々な色になるが、磁器は、ほぼ白
・同じ大きさなら、磁器の方が重い

とてもおおざっぱに言うと、このような違いがあります。


磁器の絵付け

今回、河鍋暁斎記念美術館の第3展示室で、長野千裕 磁器絵付け展 が
行われ、ご本人の説明もあると言う事で、行ってきました。

磁器に、河鍋暁斎の画、かえる・かに・からす などを描き、とても
素敵な作品が展示されていました。

長野さんご本人がいらしたので、絵付けに関して、色・焼き・発色など
トータル2時間ほどもいろいろと直接お聞きする事もでき、実際に絵筆
を持って描くという事もさせていただきました。

これは、ブラスト工房の作品にも生かすことができるので、とても重要で
充実した時間を過ごすことができました。


磁器とガラス

磁器は、材料と焼成温度などで、土をガラス質で結合させたものです。
(ものすごくおおざっぱな言い方ですが)
つまり表面は、ガラスと大きな違いがありません。
以前のブログにも書きましたが、この点で、陶器よりも磁器の方が
サンドブラストの彫刻加工に向いています。

彫刻と絵付け

組み合わせると、表現方法が広がって行きます。

ご要望ご質問がありましたら、お気軽にブラスト工房までお問合せください。

———————————————————————–

サンドブラスト彫刻加工専門
埼玉県南部、さいたま市 川口市 蕨市
戸田市 東京都内を中心に営業してい
ます。
ネット通販で、国内全国発送していま
す。

サンドブラスト・ガラス彫刻教室始めました

サンドブラスト・ガラス彫刻教室

株式会社ブラスト工房

サンドブラスト 名入れ 彫刻加工 株式会社ブラスト工房
https://blastkoibou.co.jp

ヤフーショッピング サケギフトショップ
https://store.shopping.yahoo.co.jp/sakegiftshop/

ヤフーショッピング ブラストガラス
https://store.shopping.yahoo.co.jp/blastglass/

●毎日更新!ブログ
https://blastkoubou.co.jp/?page_id=21

●アメブロ
https://ameblo.jp/blastkoubou/

●フェイスブック マメに投稿中
https://www.facebook.com/blastkoubou/

●ツイッター マメにつぶやき中
https://twitter.com/blastkoubou

●インスタグラム トキドキ投稿中
https://www.instagram.com/blastkoubou/

サンドブラスト加工・ガラス等に関する名入れ彫刻
お気軽にお問合せください。

メールでのお問合せ info@blastkoubou.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です