サンドブラストでアルミ板にネコを加工する 埼玉 ガラス工芸 ガラス彫刻 ガラス名入れ

アルミにアルミでサンドブラストする

ガラス彫刻をする際に使用する「砂」と呼んでいるものは
アルミナというものです。
わかりやすく言うと、アルミを顆粒状にしたもので、それ
を空気圧で吹き付けて、ガラスを彫っています。

今回、アルミ板を加工するという仕事のご依頼がありました。
写真をベースにするのですが、デザイン処理はブラスト工房に
お任せいただけるという事なので、2パターンの見本を作って
みることにしました。

新聞の写真風加工 ネコを彫る

サンドブラスト アルミの加工

まず1つ目のパターンは、新聞の写真のような仕様です。
網点とも言われますが、写真をドットに分解して、その
点を彫る、という感じです。
サンドブラスト アルミの加工

まず、アルミ板にサンドブラスト用のマスキングフィルム
を貼るのですが、細かい点を残さずしっかり貼り付ける
という段階でコツが必要です。

サンドブラストは表面をザラザラにするだけ

サンドブラスト アルミの加工

一番最初に説明しましたが、アルミにアルミを吹き付ける
のですから、ガラスのように凹凸のある加工はできません。
表面をスリガラス状にするだけですので、全体にムラなく
砂を吹き付けることに、集中して作業を行います。

白とグレーのコントラスト

サンドブラスト アルミの加工

完成ですが、黒く見える部分は、元のアルミ板のままの
部分で、白く見える部分はサンドブラストした部分です。
ご覧のとおり、ネコの姿は、細かい点で表現されていま
すので、新聞などの写真と同じ仕様になっています。

サンドブラスト アルミの加工

こちらはもう一つのパターンの、イラスト風に仕上げたものです。
個人的には、写真風のものより、こちらの仕様の方が好きです。
ネコの周りの部分がかなりラフな感じですが、本番ではこの辺を
デザイン処理して製作します。

見る角度で見え方が変わる

サンドブラスト アルミの加工

ちょっとブキミな写真ですが、上のイラスト風の仕様を
ちょっと斜めから見ると、こういう感じになります。
写真のネガの感じですね。

 サンドブラスト アルミの加工

もう少し視点をズラすと、半分だけ反転したように見えます。
金属板などで凹凸のない加工の場合、こういう感じになるので
ガラスのように、凹凸のある仕様の方が、どこから見ても
ちゃんとしたデザインが見えるので、サンドブラスト加工に
向いているのでは?と思っています。
ちなみに、サンドブラスト加工したところに、塗装をして
しまえば、反転して見えることはありませんが、それならば
最初から印刷した方が、話が早いですよね。

でも・・・ラフで素朴な感じが好き!と言う方には、お勧めの
仕様でもあります。


——————————————————————————–

あにまるアート&グッズフェスタ出展予定です。
日時 2020.9.9(水)~9.14(月)
場所 松坂屋上野店 6F催事場

ご来場をお待ちいたしております。

———————————————————————————-
サンドブラスト彫刻加工専門
埼玉県南部、さいたま市 川口市 蕨市 戸田市 東京都内を中心に
営業しています。
ネット通販で、国内全国発送しています。

サンドブラスト・ガラス彫刻教室始めました

サンドブラスト・ガラス彫刻教室

株式会社ブラスト工房

サンドブラスト 名入れ 彫刻加工 株式会社ブラスト工房
https://blastkoibou.co.jp

ヤフーショッピング サケギフトショップ
https://store.shopping.yahoo.co.jp/sakegiftshop/

ヤフーショッピング ブラストガラス
https://store.shopping.yahoo.co.jp/blastglass/

●商品情報・加工情報満載!ブログ
https://blastkoubou.co.jp/?page_id=21

●ガラス工芸社長の思う事・・・アメブロ
https://ameblo.jp/blastkoubou/

●フェイスブック マメに投稿中
https://www.facebook.com/blastkoubou/

●ツイッター マメにつぶやき中
https://twitter.com/blastkoubou

●インスタグラム トキドキ投稿中
https://www.instagram.com/blastkoubou/

サンドブラスト加工・ガラス等に関する名入れ彫刻
お気軽にお問合せください。

メールでのお問合せ info@blastkoubou.co.jp