ワラビー 蕨 サンドブラスト

蕨のワラビー

ワラビー 蕨 サンドブラスト
詳細は写真をクリック

1/4は延期になっていた決勝が行われ、FC東京が優勝しました。
全国高校サッカーも試合が進んで、準決勝・決勝とさいたまスタジアムで行われます。
緊急事態宣言で埼玉開催が危ぶまれていますが、
高校生活の晴れ舞台!なんとかならないかなあ?と
思います。

ブラスト工房のある、埼玉県蕨市はワラビーがマスコットキャラクターに
なっています。
ジャンプ力のあるカンガルーをベースに、サッカーのヘディングデザイン
のグラスにしました。

日本サッカーの歴史

ワラビー 蕨 サンドブラスト
詳細は写真をクリック

日本のサッカーの歴史の中で、欠くことのできない人物が中村覚之助です。
1903年(明治36年)東京高等師範学校蹴球部(現筑波大学筑波大学蹴球部)
の名前で、イギリスの本を翻訳して出版された、「アッソシェーションフットボール」
という、日本で最初のサッカー指導書を作ったのが覚之助です。
そして覚之助が中心になって設立された、ア蹴球部が、日本で最初のサッカーチーム
と言われています。
1904年には、横浜の居留地にあった外国人チーム横浜横浜カントリー・アンド・
アスレティック・クラブとの試合が行われました。
これが、日本で最初のサッカーの対外試合と言われています。

サッカーボールの規格

ワラビー 蕨 サンドブラスト
詳細は写真をクリック

サッカーに欠かせないボールですが、公式競技の規格は

1.球形であること ラグビーボールでやったら面白そう

2.適切な材質であること 以前は牛革でしたが、水分を吸収してしまうので
今は人工皮革になっています

3.外周は28インチ(約70cm)以下、27インチ(約68cm)以上であること
直径は約22cm程度のもの

4.重さは試合開始時に450g(16オンス)以下、410g(146オンス)以上であること
重さには空気圧が関係してきますが、0.06~0.11Mpaとなっています。

 

カンガルーのジャンプ力

ワラビー 蕨 サンドブラスト
詳細は写真をクリック

一口にカンガルーと言っても、55~67種類もあり、大きく分けても
小型はワラビー、中型はワラルー、大型はカンガルーと呼ばれ、
オオカンガルーは、鼻先から尾の先まで約2.8mあり、ワラビーは
鼻先から尾の先まで約57cmのものまでいます。
そのジャンプ力ですが、平均して体長と同じくらいの垂直飛びができる
ようで、カンガルーの垂直飛びは5mくらいまでいけそうですね。
ゴール前の競り合いでも、これだけ飛べれば楽勝!ですね。

———————————————————————————-
サンドブラスト彫刻加工専門
埼玉県南部、さいたま市 川口市 蕨市 戸田市 東京都内を中心に
営業しています。
ネット通販で、国内全国発送しています。

サンドブラスト・ガラス彫刻教室始めました

サンドブラスト・ガラス彫刻教室

株式会社ブラスト工房

サンドブラスト 名入れ 彫刻加工 株式会社ブラスト工房
https://blastkoibou.co.jp

ヤフーショッピング サケギフトショップ
https://store.shopping.yahoo.co.jp/sakegiftshop/

ヤフーショッピング ブラストガラス
https://store.shopping.yahoo.co.jp/blastglass/

●商品情報・加工情報満載!ブログ
https://blastkoubou.co.jp/?page_id=21

●ガラス工芸社長の思う事・・・アメブロ
https://ameblo.jp/blastkoubou/

●フェイスブック マメに投稿中
https://www.facebook.com/blastkoubou/

●ツイッター マメにつぶやき中
https://twitter.com/blastkoubou

●インスタグラム トキドキ投稿中
https://www.instagram.com/blastkoubou/

サンドブラスト加工・ガラス等に関する名入れ彫刻
お気軽にお問合せください。

メールでのお問合せ info@blastkoubou.co.jp