サンドブラスト ガラス彫刻

センザンコウを彫ってみる

新型コロナウィルスを媒介したという容疑がかけられている動物、センザンコウ。
ウロコの感じが面白いので、ガラス彫刻のモチーフにしようと思い立ちました。
魚のウロコはずいぶん彫ってきましたが、少し違う表現方法が必要かもしれません。
センザンコウ ガラス彫刻

センザンコウってどんな生き物?

鱗甲目という種類の哺乳類で分類通り、全身を甲羅のように固いウロコにおおわ
れています。
とても哺乳類に見えなくて、カメのように卵を産みそうですね。
主食はアリ。
小さなものを食べている感じが、意外とかわいいですね。

もともと食用と言うよりは、古くから中国でウロコを漢方薬として用いていたの
で、で捕獲されていました。
そのウロコの下にある皮も、革として利用され靴の材料になっていたので、いろい
ろと利用されていたようです。

つまりお金になる!わけで、密猟が後を絶たず、絶滅が危惧されています。

コロナウィルスの媒介者?

ナショナルジオグラフィックのサイトによると、コロナウィルスCOVID-19
の元の宿主はコウモリで、コウモリからセンザンコウへ移り、そのセンザンコウ
から人間に感染したのではないか?と言われているようです。
つまり人間がセンザンコウを捕まえなければ、こんな事にならなかったのでは?
と思うと、原因は人間の行動にあるようにも思えてきました。

フレームブラスト

センザンコウ ガラス彫刻

今回は、ステップブラストの技法で、板ガラスにセンザンコウを彫ってみます。
ポイントはやはり「ウロコ」で、硬いウロコが重なり合っているところの
表現です。
これには、ウロコを一枚一枚分けて彫っていく方法が必要です。
なおかつ、センザンコウの背中のまあるい感じも出したいと、思います。

写真のマスキングは、いつも使っているゴムシートですが、いつもは鉛筆の線
のまま彫っています。
今回は、ウロコを何回にも分けて彫っていく過程で、鉛筆の線が消えていく
ことがあるので、カットをした後に再度、油性マジックでトレースし直しました。

デザイン画ができ、カットも完了したので、これから彫る作業に移ります。

サンドブラスト用ゴムシート、小分けにして販売しています。

——————————————————————————–

サンドブラスト彫刻加工専門
埼玉県南部、さいたま市 川口市 蕨市 戸田市 東京都内を中心に
営業しています。
ネット通販で、国内全国発送しています。

サンドブラスト・ガラス彫刻教室始めました

サンドブラスト・ガラス彫刻教室

株式会社ブラスト工房

サンドブラスト 名入れ 彫刻加工 株式会社ブラスト工房
https://blastkoibou.co.jp

ヤフーショッピング サケギフトショップ
https://store.shopping.yahoo.co.jp/sakegiftshop/

ヤフーショッピング ブラストガラス
https://store.shopping.yahoo.co.jp/blastglass/

●商品情報・加工情報満載!ブログ
https://blastkoubou.co.jp/?page_id=21

●ガラス工芸社長の思う事・・・アメブロ
https://ameblo.jp/blastkoubou/

●フェイスブック マメに投稿中
https://www.facebook.com/blastkoubou/

●ツイッター マメにつぶやき中
https://twitter.com/blastkoubou

●インスタグラム トキドキ投稿中
https://www.instagram.com/blastkoubou/

サンドブラスト加工・ガラス等に関する名入れ彫刻
お気軽にお問合せください。

メールでのお問合せ info@blastkoubou.co.jp