大型花びん 多層被せガラス

多層被せガラス

大型花びん 多層被せガラス
サンドブラストガラス彫刻の素材として、何度も被せガラスを
紹介してきましたが、ほとんどが透明ガラスの外側に色ガラス
の付いた2層被せガラスでした。
今回紹介するのは、多層被せガラス。
ガラスが5層になっている大きな花瓶です。
大型花びん 多層被せガラス
このように透明なガラスを含めて5層の色
ガラスで構成されている花びんです。

被せガラスの色落とし

大型花びん 多層被せガラス

被せガラスを加工する際には、ベースの色を出すために
不要な色ガラスを削り落とす作業があります。
一般的には「色落とし」と言われる作業ですが、今回の
ような多層被せガラスの場合は、一番下の色、瑠璃色を
出すために、上の4層の色ガラスを削り落とす作業が必要
になります。
写真は、瑠璃色部分を露出させた状態ですが、この時点で
全体を2mmほど削り落とします。

大型花びん 多層被せガラス
作業途中を内側から見ると、こういう風に色ガラスの違い
がわかります。
黒い部分がマスクで、途中の色が緑、削っていない部分が
黄緑に見えます。
この花びん自体は、加工前に見ると紫色なのですが、様々
な色が重なって、紫色に見えているだけです。

色ガラスの厚み

大型花びん 多層被せガラス

今回の花びんは円錐形ですが、上の方が色ガラスの層が
厚くて、下の方が色ガラスが薄くなっています。
推測ですが、これは型に入れて製作したため、商品の見
た目とは、上下が逆になっていると思われます。

ガラスは溶けた状態で製作するので、時間が経つと引力
でどんどん下に流れていきます。
完全に下に落ちるまでには固まるのですが、それまでの
数秒間で、上と下の厚みが変わってしまいます。

この後、デザインしたマスクの部分を加工するのですが、
上下の厚みの違いを把握しながら作業をしないと、下の
方だけ色が変わってしまい、作品になりません。
この辺の難しさを、いかにコントロールできるかが、作品
の完成度に関わってきます。

大型花びん 多層被せガラス

色のグラデーション

大型花びん 多層被せガラス

今回は全体を色落としせずに、下の方を薄く残し
グラデーションを出そうと思っています。
はたしてちゃんとできるか?は、次回に紹介します。

 

——————————————————————————–

———————————————————————————-
サンドブラスト彫刻加工専門
埼玉県南部、さいたま市 川口市 蕨市 戸田市 東京都内を中心に
営業しています。
ネット通販で、国内全国発送しています。

サンドブラスト・ガラス彫刻教室始めました

サンドブラスト・ガラス彫刻教室

株式会社ブラスト工房

サンドブラスト 名入れ 彫刻加工 株式会社ブラスト工房
https://blastkoibou.co.jp

ヤフーショッピング サケギフトショップ
https://store.shopping.yahoo.co.jp/sakegiftshop/

ヤフーショッピング ブラストガラス
https://store.shopping.yahoo.co.jp/blastglass/

●商品情報・加工情報満載!ブログ
https://blastkoubou.co.jp/?page_id=21

●ガラス工芸社長の思う事・・・アメブロ
https://ameblo.jp/blastkoubou/

●フェイスブック マメに投稿中
https://www.facebook.com/blastkoubou/

●ツイッター マメにつぶやき中
https://twitter.com/blastkoubou

●インスタグラム トキドキ投稿中
https://www.instagram.com/blastkoubou/

サンドブラスト加工・ガラス等に関する名入れ彫刻
お気軽にお問合せください。

メールでのお問合せ info@blastkoubou.co.jp