ガースーグラス ブラスト工房

GO to キャンペーンの矛盾

1都3県で緊急事態宣言に伴う行動自粛が始まりました。
春に引き続き2回目です。
ガースーグラス ブラスト工房
詳細は写真をクリック

観光飲食業の経営不振を助けるべく、Go toキャンペーンが
始まったのは10月。
当初は、感染拡大の懸念があったので、東京は除外されてい
ましたが、のちに追加されました。

そして2カ月目の12月になって、年末年始の感染拡大を懸念して
12/28~1/11の利用を停止しました。
旅行客の多い年末年始をはずすことになりました。

そして最近では政府は、「飲食が感染拡大の要因」と言って、今回の
緊急事態になったわけです。

この過程を見ると、Go toキャンペーンが感染拡大に大きく貢献して
いることはあきらかです。

とにかく旅行と外食を推奨しておきながら、結果として矛盾する行動に
なったわけですから、政府の「場当たり的」な政策(と呼べるのかな)
が一番の原因だと思っています。

飲食店の補償の申し込み

ガースーグラス ブラスト工房
詳細は写真をクリック

営業時間の短縮に協力した飲食店には、1日当たり6万円を支給する
ことになっています。
がしかし問題はその補償の申し込み方法。
埼玉県では、
「1月12日から2月7日までの全ての期間で営業時間を短縮した飲食店に
協力金が支給されます。」
となっていますが、「申請受付は2月8日以降すみやかに」となって
います。
つまりそれまでの期間は、何もないわけです。

・約1カ月間売り上げが少なくて赤字でも待たなければならない
・申請してもいつ支給されるかは、現在未定

なわけですので、本当に体力のないお店は、閉店廃業となることは
あきらかです。

これがスピーディーな対応なのでしょうか?。

頑張れガースー

ガースーグラス ブラスト工房
詳細は写真をクリック

今辞めさせても、現状は何も解決されません。
仮に誰かが交代しても、次の人との間にタイムラグが生まれますので
余計に事態は悪化します。
ですからガースーには、考え方を大きく変えて、国民の救済を最優先で
全力で頑張ってもらうほうが近道なのではないでしょうか。

頑張れガースー!!

 

———————————————————————————-
サンドブラスト彫刻加工専門
埼玉県南部、さいたま市 川口市 蕨市 戸田市 東京都内を中心に
営業しています。
ネット通販で、国内全国発送しています。

サンドブラスト・ガラス彫刻教室始めました

サンドブラスト・ガラス彫刻教室

株式会社ブラスト工房

サンドブラスト 名入れ 彫刻加工 株式会社ブラスト工房
https://blastkoibou.co.jp

ヤフーショッピング サケギフトショップ
https://store.shopping.yahoo.co.jp/sakegiftshop/

ヤフーショッピング ブラストガラス
https://store.shopping.yahoo.co.jp/blastglass/

●商品情報・加工情報満載!ブログ
https://blastkoubou.co.jp/?page_id=21

●ガラス工芸社長の思う事・・・アメブロ
https://ameblo.jp/blastkoubou/

●フェイスブック マメに投稿中
https://www.facebook.com/blastkoubou/

●ツイッター マメにつぶやき中
https://twitter.com/blastkoubou

●インスタグラム トキドキ投稿中
https://www.instagram.com/blastkoubou/

サンドブラスト加工・ガラス等に関する名入れ彫刻
お気軽にお問合せください。

メールでのお問合せ info@blastkoubou.co.jp